小麦粉と米粉の違いとは?

小麦粉と米粉、日本の料理においてよく使用される二つの代表的な粉です。

それぞれにメリットとデメリットがあるので、今回はその特徴について分かりやすくご説明します。

まずは小麦粉のメリットからご紹介します。

小麦粉のメリット

小麦粉のメリットは、その多目的性にあります。小麦粉はグルテンというタンパク質を含んでおり、このグルテンのおかげで小麦粉はパンやパスタのようなもちもちした食感を出すことができます。

さらに、小麦粉は料理のバインダーとしても役立ちます。ソースやスープをとろみ付ける際などには欠かせない存在です。

小麦粉のデメリット

一方、小麦粉のデメリットはアレルギー反応が起こることです。小麦粉に含まれるグルテンに対して過敏な人が存在し、グルテン関連の症状が出ることもあります。

日本人の食文化は年々欧米化しているので、このセリアック病(グルテンのアレルギーによる疾患)を発症するかたが増えてきています。

また、小麦粉は糖質も多く含んでおり、糖尿病やグルテンフリーの食事制限をしている方には適していません。

米粉のメリット

次に米粉のメリットを紹介いたします。
米粉は小麦粉と比べてグルテンフリーであるため、グルテンに対して過敏な人やアレルギーを持っている人にとっては安心して食べることができます。

また、米粉は消化しやすいため、胃腸の弱い人にもおすすめです。

米粉のデメリット

米粉には小麦粉と比べて粘りが少ないため、もちもちとした食感を出すことが難しいというデメリットもあります。

また、米粉は小麦粉に比べて価格が高く、入手が難しいこともあります。

まとめ

いかがでしたか?
小麦粉と米粉にはそれぞれメリットとデメリットがありますが、料理の目的や体調に合わせて使い分けることが大切です。